2017年08月

    1: ■忍法帖【Lv=7,ばくだんいわ,95e】 タヌキ◆RJGn7rgICeX. 2017/08/23(水)07:21:05 ID:VWT
    ◆政府、交際費課税の特例措置2年延長へ 経済活性化のための消費拡大を狙う
    [産経ニュース 2017.8.23 07:03]


     政府は22日、取引先との接待や懇談などで使う交際費の一部を
    経費(損金)として認めて税負担を減らす特例措置について、
    平成29年度末までだった適用期限を、31年度末まで2年間延長する方向で
    検討に入った。引き続き企業に飲食店などでの接待を促し、消費の拡大を通じて
    経済活性化を図る方針だ。厚生労働省の30年度税制改正要望に盛り込む。

     交際費課税に関する特例措置は法人税などの税収減となるため
    時限措置となっているが、依然として日本経済の消費の伸びが弱いことから、
    政府は適用期限を延長する方向で調整する。

         ===== 後略 =====


    全文は下記URLで。
    http://www.sankei.com/economy/news/170823/ecn1708230004-n1.html

    【【経済】政府、交際費課税の特例措置2年延長へ 経済活性化のための消費拡大を狙う[H29/8/23]】の続きを読む

    1: こたつねこ◆AtPO2jsfUI 2017/08/22(火)20:30:15 ID:RG4
    米e-Sports賭博大手、1億ドル相当の独自仮想通貨を発行

    ロイターは17日(米国時間)、プロゲーマーらが競う「e-Sports」の試合結果を予想する
    オンラインギャンブルの運営会社「Unikrn」が独自の仮想通貨1億ドル(約110億円)相当分を
    2017年9月に新規発行することを報じた。Unikrnは米国内外問わずベット(賭け)を
    受け付けているため、銀行を介さない独自の決済手段の獲得や資金調達を目的とするようだ。

    発行される新しい仮想通貨は「UnikoinGold」と名付けられ、既にUnikrnのサービスで利用できる
    決済手段「UniKoin」を仮想通貨としたものだ。ブロックチェーン技術を応用した仮想通貨であるため、
    堅牢なセキュリティを実現するほか、既存の通貨で生じる為替リスクや手数料を中抜きすることができる。

    ↓全文を読む場合は以下をクリック↓
    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/1076137.html

    PC Watch 佐藤 亮 2017年8月18日 14:23

    【【IT/国際】米e-Sports賭博大手、1億ドル相当の独自仮想通貨を発行[17/08/18]】の続きを読む

    1: こたつねこ◆AtPO2jsfUI 2017/08/20(日)11:16:54 ID:fIZ
    景気拡大による人手不足、苦境に陥るのはブラック企業 労働者には賃上げの好機

    このところの人手不足を深刻だと感じ、景気への悪影響を懸念する企業も少なくないようだ。
    ただ、人手不足は労働者や景気にとって本当に問題なのか。そして人手不足を解消するには
    どのような方法があるのか。

    産経新聞社が7月下旬から8月上旬にかけて主要企業121社を対象に実施したアンケートによれば、
    4割近く(無回答を除く)の企業が人手不足を感じているという。人手不足は商機を逃す要因にも
    なりかねず、景気に悪影響を与えるとの懸念も6割に上った。

    これは、企業側からみた話である以上、当然ともいえる。企業にとって人手不足は、人件費を増やす
    コストアップ要因になるし、もし人手不足に対応できなければ企業の死活問題にもなる。

    ただし、人手不足になる要因は何かと言えば、景気拡大を受けた仕事の増加である。しかも賃金の上昇で
    対応するとしても、企業が倒産するまで賃金を上げることはもちろんなく、基本的には企業収益の範囲内である。
    つまり、景気拡大によってこれまで儲けた分と、今後儲ける分の一部を労働者に還元するだけのことだ。

    このように考えれば、企業の人手不足は、企業の担当者にとっては大変なことだろうが、その背景に仕事の
    増加があるので、うれしい悲鳴といったところだ。この意味では、人手不足が景気の悪影響になるというのは、
    大げさな表現であり、せいぜい人手不足に対応できない企業の経営が大変になるという程度の話である。

    (中略)

    苦境になる代表格は、賃金切り下げで収益を上げてきたブラック企業だ。本コラムでも書いてきたが、
    デフレ時代には売り上げ減少の中、賃金カットを行うブラック企業が勝者になる。しかし、脱デフレ時代には、
    拡大する収益を労働者と分け合うような企業が勝者になるはずだ。

    ↓全文を読む場合は以下をクリック↓
    http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170819/soc1708190004-n1.html

    ZAKZAK 高橋洋一 2017.8.19

    このページのトップヘ