1: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24(金)10:30:20 ID:???
※国民経済計算(GDP統計)
http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/menu.html
民間給与実態統計|国税庁
http://www.nta.go.jp/kohyo/tokei/kokuzeicho/tokei.htm
賃金構造基本統計調査|厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/chinginkouzou.html

引用元: 政治家とマスコミと経済

2: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24(金)10:32:10 ID:???
菅官房長官が逆ギレ 仏記者が指摘した09年の「自民提言」
http://nikkan-gendai.com/articles/view/news/151819

 菅官房長官が11日、外国特派員協会で講演。
アベノミクスの経済効果について、「政治主導で進めていく、改革意欲の強い政権だ」
などと自画自賛したが、
講演後の質問は、集団的自衛権行使容認の閣議決定や拉致問題、中韓との関係に集中した。
海外メディアから見ても、安倍政権の安保政策はよく分からなくて不安だということだろう。
 海外メディアの質問に菅官房長官は「国民の生命と安全を守るのが政府の仕事」
「対話のドアは常にオープン」などと従来の政府答弁をソツなく繰り返した。
唯一、気色ばんだのが、仏メディア記者から日本語でこう質問された時だった。
「自民党は2009年12月16日に民主党政権の政治主導に対して緊急提言をまとめ、
国民のものである憲法を一内閣が恣意的に解釈変更することは許されないとしたが、
安倍政権は憲法を解釈変更した。提言当時の考え方は今も変わらないか?」
質問が終わるや否や、菅官房長官は強い口調で「それは、まったくあたらない」と反論。
質問の英訳後に答えるよう、司会者からたしなめられてしまうほど、冷静さを欠いていた。

■自民党HPから削除
 この緊急提言は野党転落後の09年、自民党の政策調査会の「『政治主導』の
在り方検証・検討PT」がまとめたもの。こんな記載がある。
<憲法は、主権者である国民が政府・国会の権限を制限するための法であるという
性格を持ち、その解釈が政治的恣意によって安易に変更されることは、
国民主権の基本原則の観点から許されない>
 まるで、今の安倍政権に対する苦言そのものだ。